鏡餅はどこにお供えすればいいの?

鏡餅は、床の間、あるいは、玄関に大きい鏡餅、お仏壇や神棚には、それよりも小さな鏡餅、そして、台所やその他の大事な場所にも供える、というのが一般的な風習です。

床の間の無いお家では、リビングやダイニングの机や棚が中心となります。

「食」と「火」は大切な物ですので、お供えします。関西や一部地域では、三段重ねの鏡餅(まるもち3個を三段に重ねた物)をお供えし、火の安全と食の安全・家族の健康を願います。子供さんの勉強机や家族の方の仕事机も大切な場所になります。

古来より、年神様は、家の中の各場所に「分霊」(ぶんれい)されると信じられてきましたので、トイレも含め、全ての部屋や場所に鏡餅をお供えする風習もあります。

トイレや家の下座は不浄な場所なのでお供えしない、というように言われる方も居られますが、むしろ、年神様が宿られることで清められる、という考え方のほうが多いと思います。

そもそも注連縄(しめなわ)を家に飾りますが、この注連縄こそが不浄な物を排除する「神聖な結界の印」ですので、注連縄で区切られた家の中という考え方が自然であると言えます

 

ご参考になった方は、いいねボタンお願いいたします。